西武鉄道池袋旧本社ビル建替え計画
  1. HOME
  2. 事業実績
  3. 西武鉄道池袋旧本社ビル建替え計画

西武鉄道池袋旧本社ビル建替え計画

池袋旧本社ビル敷地に加え、西武鉄道池袋線の線路上空と線路西側の用地を活用し、低層部分に商業施設を配した地下2階・地上18階、延床面積約5万㎡のオフィスビルを計画です。総貸室面積は池袋エリアでトップクラスであり、オフィスフロアの基準階貸室面積は約2,100㎡(約640坪)。さらに免震構造の採用やBCP面への配慮を行うなど、防災性の向上を図り、防災備蓄倉庫の設置や帰宅困難者への対応など地域への貢献にも努めています。また、豊島区が構想中の池袋駅東西連絡通路(東西デッキ)と本計画ビル内のデッキが将来接続された際には、池袋駅から南池袋方面への歩行者ネットワークが強化され、地域の賑わいを創出する役割も期待されます。

弊社担当業務内容

総合アドバイザリー・サポート業務
事業コーディネート、商品企画、行政協議、施設運営計画等
クライアント
株式会社西武プロパティーズ
施設所在
東京都豊島区
敷地、延床面積
約5,530㎡、 約50,084㎡
建物用途
事務所、店舗、駐車場
容積率
777%(従前628%)
開発手法等
総合設計制度
実績一覧へ戻る